ビジネスの最近のブログ記事

とうとう開始する時という局面では何をおいても事前調査を怠ってはならない。

 

売買を始める前ならば、出来事を論理的に調べる事ができる余地があります。

 

だがしかし、一回相場の中へ飛び込んでしまうとどうあがいても見解が自己中心的になってしまいがちで、肝心な時に正しい見方がわからなくなる可能性があります。

 

だから自分自身の精神が冷静な時に適切に準備をしておくことが不可欠です。

 

この"j事前準備"のためには、自分だけの筋書きを作る事から始めます。

 

明日からの市場はああだから円を取引するというように、自分で考えた台本を書いていきます。

 

次に大事なのはチャートをチェックしよう。

 

今までの為替レートの上下動を見つめて今日の値動きを確認します。

 

そうすれば、「今現在はひどく偏ったレベルにあるな」それとも「多くの投資家の方々が売買しているから、この先急に取引しても遅すぎるな」ということが分かってきます。

 

もちろん取引するのが間に合わないなと感じたら、エントリーしないで、ここは潔く割り切ることが大事です。

 

ストーリー展開を譲らずに割り切らずに売買すると、為替相場に跳ね返されてしまい反対にマイナスになりかねない。

 

そうは言っても大体の場合では用意周到に物語を書いているとすれば、取引が遅いという状況にはならないでしょう。

 

大方、現実にマーケットが変化する前のはずだから。

 

次は、とりあえずはあなたが注文しようとする売買ポジションの動きをきちっと確かめる事が不可欠です。

 

例として円安になるというシナリオを描いたのであればドル円の上下動に注目する事が大事です。

 

マーケットの上下動を注意を払い始めたときではその通貨ははっきりと上げ下げする兆しを見せず上下に細かい上げ下げをしているだけでしょう。

 

しかしながら、その上下動を正確に見ていると、ある場面でじりじりと円安の方向へと相場が向い始めます。

 

この場面でようやくドル買いの新規取引します。

 

おおむね、そこまで緻密に事前の準備をすればそのトレードで勝利する率は高まるはずだ。

 

テスト

| トラックバック(0)

テスト記事です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちビジネスカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはネットです。

次のカテゴリは不動産です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28